Blenderのはじめ方

 

お疲れさまです.

杏です.

 

VRChatなどの影響でBlenderを始める人が増えてきたように思います.

私は3年ほど前に,自主制作アニメを作成したくて勉強を始めました.

はじめは手書きでアニメを作ろうと考えていたのですが,制作方法について調べているうちにBlenderというフリーの3Dモデリングソフトを知り,3DCGでアニメを作成したいと思い勉強を始めました.

Blenderはここ1,2年のVRブームよりも前に,10年ぐらい前からMMDのモデルの作成に利用されたりしていたので,割と歴史と実績のあるフリーソフトです.

そのおかげで今は,書籍やネットの情報に富んでいて,初心者の人が始めやすい環境になっていると思います.

しかし,初めての人にとってはそもそも何から始めて良いのか分からないと思います.

参考までに私の勉強方法を紹介したいと思います.

まず私は

こちらのページを参考にモデルを一体作りました.

初心者のための!作って学ぶBlenderの基礎:①基本操作とBlender紹介

基本的な操作から,マテリアルの設定や,ボーン(リギング)とウェイトペイントの方法まで,モデリングに必要なことが一通り解説されているのでとても参考になります.

こちらのページだとパンダのモデルを作ることを通してBlenderの作り方を解説されていますが,

私は,それを参考にしつつ,うさぎのキャラクターを作ってみました.

blender操作画面,うさぎのモデル制作

これが3年ぐらい前に初めて作ったモデルです.

データは残っておらずスクリーンショットしかありませんでした.少し残念です.

 

次に私はアニメっぽいキャラクターを作りたかったので,キャラクターのモデリング方法を解説している本を購入しました.

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター

Blender界隈では有名な友さんという方の本です.

友さんは何冊か本を出されていて,上記のリンクの本は最新ではありませんが,

今買っても十分にキャラクターのモデリングを出来るようになると思っています.

実際私はほとんどの知識はこの本から得たので,かなりおススメの本です.

今でもたまに読み返したりしています.

こちらも,アマノジャクなわたしは,本と同じキャラクターは作らず.本を参考に好きなキャラクターで作った記憶があります.

blender操作画面のスクリーンショット

 

ちなみに,私は技術系の本を買うときはKindle(電子書籍)をおススメします.

まず,電子書籍だと買ったその瞬間から読むことが出来ます.ネット通販や「今度本屋に行こう」という考えだと,本を手にするまでにやる気が無くなってしまう気がするので,私はKindleで買って,買ったその瞬間から着手するようにしています.これはBlender以外でも,プログラミングの本などでもそうしています.

次に,電子書籍だと参考にしたいページを,開いたままに出来ます.紙の本だと,参考にしたいページを開いたままにするのにスタンドが必要だったり,スタンドがない場合,手でページを押さえながら作業しなければいけません.可能ならば,デュアルモニタにして,1つを参考資料用のモニターにすると作業効率が上がります.

3つ目は,PCで読んだ続きを,スマホやiPadで読めるからです.Kindleの場合,既読のページ数がクラウド上に保存されるので,外出先で暇なときなどに,スマホで続きを読むことができます.しかし,図解や,実際に手を動かすことが重要な技術系の書籍などではそれほどのメリットではないかも知れません.

ちょっと話がそれたような気もしますが,勉強の仕方として,個人的にはわりと重要だと思っています.

 

それから私はBlender本マニアのように本を買いあさるようになったのですが,ぶっちゃけ全ておススメです.

一応個人的におススメの順に掲載します.

Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG

新品価格
¥3,780から
(2018/12/17 21:42時点)

 

MikuMikuDance キャラクターモデルメイキング講座 Pさんが教える3Dモデルの作り方

 

無料ではじめるBlender CGイラストテクニック ~3DCGの考え方としくみがしっかりわかる

新品価格
¥2,894から
(2018/12/17 21:44時点)

だいたい,どれも1冊3000円前後なので実質タダです.(?)

BlenderのためにハイスペックのPCを買った,みたいなとこあるので,フリーソフトのためにどれだけお金をかけているんでしょうか(?)

それでもBelnderはタダです.

しかし,Blenderへの寄付はいつでもウェルカム

私も何かの間違いでBlenderを使ってお賃金を貰うようなことがあれば,寄付したいと思います.

 

今から始める方でしたら

Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG

こちらの1冊で一通りのモデリングの知識は付くのではないかと思います.

 

最近ではVRChatのアバターを自作して,自作アバターでVRを楽しんでいます.

VRChatのアバターを自作するのは,ここまでで紹介した本の知識があれば十分に作成することが出来ます.

アップロードの方法はwikiが分かりやすいのです.

VRchat 日本wiki アバター作成 自作編

 

VRChatで他のユーザーとセルフィ―

 

 

私の場合,当初はアニメを作るという目標があったのですが,最初から目標が大きすぎてモチベーションが保てなかったのかも知れません.

最近はVRChatのおかげで,適度に目標(1週間で1体作ってみようとか)を作り,それを手軽に公開(アップロードして,VRにアクセスしてほかのユーザーに見てもらう)が出来るようになったので,以前よりモチベーションが保てるようになっています.

もちろんアニメを作りたいという想いは消えてないので,これからはアニメーションや,ライティングなど,モデリング以外の3D技術も向上させていければと思っています.

 

またBlenderの新バージョン,2.8で大幅に進化するとの情報もあったり,

VRoid Studioというペイントソフトのように直感的に3Dをモデリングできるソフトも出てくるようです.

VRoid Studioはベータテストに申し込んだので,レビュー記事を書こうと思っています.

 

以上,

簡単にまとめると,私は本を買って勉強するのが一番手っ取り早いと思っています.

なので,Blenderの使い方を解説する記事を私が書く意味はあまりないと思うのですが,

私が始めたばかりの頃を思い出して,初めての人がつまずきやすそうな部分をこまごまと解説していく予定です.

 

モデリングがんばろう

 

Spread the love
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3D
自作モデル[藤原みやび]

お疲れ様です. RainGearの杏です.   3Dモデルを作成したので紹介します. モデ …

Spread the love
Blender
BlenderからエクスポートしてVRMデータを作る

はじめに Blenderで作成したモデルをVRM形式にします. モデリングが完成している.「VRC用 …

Spread the love
Blender
Blenderローポリモデルのリギングをする

関係各位   お疲れ様です. RainGearの杏です.   目次0.1 余談0 …

Spread the love